2018/05/30 13:00


今日は中畑さんからのご報告
FSにも遊びに来てくれた中畑さん、
結構面白い仕事してて話が弾みました 笑

で、宮古島に遊びに行っって来たようで、釣果をご報告いただきました〜





MX-7Sの釣果報告になります。



9日間で1匹しか釣れませんでしたが良かったら載せて下さい(^^;;



シーズン前でダツのチェイスすらあまり無く、GTは釣れませんでしたが3日目でやっと良型のカスミが反応してくれました。
少し沖目で掛けたのでリーフや根に擦られないかヒヤヒヤもんでした。リーフが切れる場所までとりあえず竿を寝かし気味にしてドラグを緩め、指ドラグで寄せて砂地まで寄せてから竿を立てて一気にドラグを締めて寄せました。
走られないか心配でしたが、走ろうとする度にベリーが良い塩梅で入ってくれたので無事にキャッチできました!



遠浅+所々に根という場所柄、遠投性と掛けた時のコントロール性を考えて10ft前後のロングロッドも考えましたが、チャリ移動×未知のエリアという特性を鑑み7ftの7Sを持ち込みました。
同一条件で比較してないので推測の域を出ませんが、ショートロッドのおかげで小場所でも振れましたし藪コギで水辺に行く時も楽チン。
ルアーを長時間小刻みにアクションさせるのもロングロッドではかなりしんどそうなので7Sで良かったと思います。
今振り返ってみると遠くへ届かなくなった分、より多くの回数投げて丁寧に動かすことが出来たと思います。
私見ではリアグリップを∞のやつに差し替えてシマノの4000番+PE1.2号と組み合わせると13cm、20g前後のトップが扱い易いと感じました。
使用者の投げ方に依りますが、私はリーダーをトラブル低減と根ズレ対策の両立も目指して色々試した結果、ナイロンの20lbを3ヒロ+フロロの35lbを50cmというスタイルに落ち着きました。

5ピースですが、移動の度に全てバラすのは手間なのでチャリ移動中は1、2番と3、4番とグリップ部分で分けて3ピースとしました。


あとリアグリップを捻るように振り込んでしまう癖がある方はハケで塗るタイプの瞬間接着剤と2000番の耐水ペーパーを用意して調整されると良いかも知れません。


南方諸島に行く時は万能ロッドとしてこれからも持って行きたいと思います。面白い竿をありがとうございます!




中畑さん、ありがとうございました!
何より景色いいっすねw
MXー7Sこんな感じで使ってもらうと非常に塩梅いいロッドに仕上がってます
リールもシマノのC3000〜4000くらいが上限かな?(私は3000XG使用)
上記の通り、1oz行かないくらいトップ、ミノー、ワインド系から、軽く20~30g程度のジグを踊らせてやるのにいい感じだと思います
てか、食い気ある魚が廻ってくれば、これだけ使えれば、不足することはそうそうない!

で、離島遠征となると、頭を悩まし始めるのがロッドのレングス...
先に郵送しとこう!と思っても1pcロッドだと制限かかりまくるし...
機内預けも年々厳しくなって来てる...
(なんか最近は高速バスでも結構渋い顔されるんですけど、なんなんだろう...)

できることならバックに入るサイズだと色んな意味でラクです。

さて、釣果報告も落ち着いて...


明日からは



コイツの説明にうつるぞ〜
発売間近!!



スタッフ ヨシダ(離島行きたい)